banner_02.gif kutsulog1.gif

2005年09月14日

秋を満喫!!季節のタルト

P1000018.JPGP1000016.JPG

英会話の先生のお誕生日に、タルトを作ってみたよ。

いちじくと栗のタルト

は、が満喫できる味だよっ。わーい(嬉しい顔)

基本の生地は、アーモンドプードルを使ってるの。
中に入れるフルーツは、季節に応じて、楽しんでまぁす。レストラン

今回は、の味覚を盛り込んで。。。

いちじくと栗を使ってみたよ。

かぼちゃと栗でほっくりっていうのも素敵。

さつまいもとりんごの組み合わせも美味しいよっ。ぴかぴか(新しい)

食欲の秋味覚の秋、カロリーをちょっぴり気にしながら、でも美味しいものも食べちゃおうよっ。



とっておきの旅情報


このタルト、作り方は。。。


ひらめき季節のタルトのレシピひらめき

直径16cmのタルト型で作りまぁすexclamation×2

<材料>
タルト生地
 バター(無塩)    100g
 上白糖         35g
 卵黄(Mサイズ)   1/2個
 薄力粉        150g

アーモンドクリーム
 バター(無塩)     65g
 上白糖         65g
 卵(Mサイズ)      1個
 アーモンドプードル   65g
 ラム酒        大さじ1
 アーモンドスライス   50g(なくてもいいよ)

季節のフルーツ
 (例)
   さつまいも     50g
   りんご      1/4個

シナモン

<焼く温度と時間の目安>
 通常のオーブン;180℃で35〜40分
 小さいオーブン:165℃で35〜40分

<作り方>
●1:下準備
タルト生地用のアーモンドクリーム用のバターは室温に置く。
タルト生地用とアーモンドクリーム用の上白糖、薄力粉、アーモンドプードルはそれぞれ万能こし器でふるう。

●2:生地を作ります
バターをボールに入れ、木べらでクリーム状に練る。
上白糖を加えてさらにすり混ぜる。
全体に混ざったら、卵黄を加えて混ぜ合わせ、粉を一度に加え、木べらで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
木べらでひとかたまりにまとめて、ラップに包み、冷蔵庫で30分以上やすませる。
その間に、フルーツを良く洗って、カットする。

●3:生地を敷きこみます
タルト型に休ませた生地を敷き、フォークで穴を開け、冷蔵庫で冷やして置く。
オーブンを180℃に温める。(小さいオーブンなら、160〜165℃)

●4:アーモンドクリームを作る
バターをボールに入れ、泡だて器でグルグルかき混ぜるようにして、クリーム状に練る。
上白糖を加えて混ぜ合わせ、卵を加えて、さらになめらかになるまで混ぜ合わせる。
アーモンドプードル、ラム酒の順に加えて混ぜ合わせ、クリーム状にする。
アーモンドスライスを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。

●5:アーモンドクリームを流して焼きます
生地を敷いた型にアーモンドクリームを流す。
フルーツとアーモンドスライスを飾り、シナモンをふる。
180℃のオーブンで(段がある場合は中段)35〜40分焼く。(小さいオーブンなら160〜165℃)
焼きあがったら、完全に冷めてから型から取り出す。


●とっておきレシピ
フランス菓子店『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』のトレトゥール教室
パイとタルト
手づくりスウィーツ

●作る余裕がない人には。。。ぴかぴか(新しい)
【ホテルスタイルスイーツ】タルト・オ・ダークチェリー[直送]
1200円以上もお得!栗とかぼちゃのフェスタセットA 大感謝セール0916
キャラメルをつかった胡桃のタルトケーキ⇔エンガディンヌ
午後お茶Timeは極旨爽やかオレンジ&洋梨タルトでHappy!
posted by さくら at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多国籍料理レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。